職場環境

福利厚生制度

J.P.モルガンは、社員が働きやすい環境作りと社員のワーク・ライフ・バランスの向上を目指して様々なサポートを提供しています。

  • 妊娠・出産・育児のあんしんプログラム: 出産後も女性社員が安心してかつ希望を持って仕事が続けられるよう様々な支援プログラムを設けています。子供を持つ男性社員のパタニティー休暇・育児休暇制度もあります。産前産後休暇および育児休暇から、復職後の時短・時差出勤、保育所補助金、保育施設・一時預かりサービス、保育施設マッチングサービス、ベビーシッター・病児保育サービスやクーポンなどの様々なサポートを提供しています。社内には搾乳室が設けられており、当社では多くの女性社員が子育てをしながら仕事を続けています。
  • 介護休暇: 社員が安心して仕事を続けられるよう柔軟な体制を整えています
  • フレキシブル・ワーク・アレンジメント: 職務状況や家庭環境に合わせて多様な働き方ができるよう、フレックスタイム、時差出勤、短時間勤務、在宅勤務等の勤務体制を整備しています。
  • ドメスティックパートナー制度: ドメスティックパートナーとその家族は、養子・育児・介護休業、子の出生休暇、慶弔金などの制度を利用することができます
  • 社員支援プログラム: 第三者機関を通じて社員が個人的にカウンセリングを受けることができるサービスを提供しています。職場や仕事、キャリアについての悩み、結婚・離婚・出産や家族の問題、健康や病気の問題などを相談することができます。
  • ウェルネス・プログラム: 健康診断・人間ドックは毎年1回、会社支援で受診できます。また、健康フェアや各種セミナーを実施しています。
  • J.P.モルガンでは、改正次世代育成支援対策推進法(次世代法)に基づく一般事業主行動計画 を策定しています。
  • J.P.モルガンでは、女性の職業生活のおける活躍の推進に関する法律(女性活躍推進法)に基づく一般事業主行動計画を策定しています。

 

ダイバーシティ&インクルージョン

J.P.モルガンでは、人種、国籍、文化的背景、性別、年齢、宗教、身体的特徴などを問わず、多様な背景や価値観、スキルを持つ幅広い人材が活躍できる職場環境が 整ってこそ、お客様に対して価値ある革新的な商品・サービスを提供し、真にグローバルな企業として発展していくことができると考えています。当社では、「ダイバーシティ」を考慮した採用や人材登用を行い、多様な人々独自の経験、スキル、考え方を認め、全ての社員にビジネスに貢献する機会を与える「インク ルージョン」を重視し、それぞれの成果を評価する環境を整えています。日本における主な取り組みは以下のとおりです。

 

女性社員

当社は女性社員のキャリア構築を積極的に支援しています。社内では、有志社員で構成するWomen on the Move (WOTM) は、職場環境の向上、女性管理職層の拡大、女性社員の長期的なキャリア構築を支援するために様々な活動を展開しています。複数のコミッティを立ち上げ、シニアリーダーとの交流会、メンタリング、キャリアアップのためのトレーニングやスキル開発のプログラム提供、育児や介護に関する情報提供などに取り組んでいます。また、外部のグループや組織とも連携して情報交換の機会を設けています。

 

障がい者

当社では障がいを持った社員も多岐にわたる部門で活躍しています。社員が最大限に能力を発揮できるよう、個々のニーズに応じた勤務体制やスキル・アップ、キャリア・マネジメントなどのサポートを提供しています。社内では、有志社員で構成するAccess Abilityが、障がい者の職場環境の向上、啓蒙活動などを展開しています。

 

LGBT

当社はLGBTに対するサポート制度やプログラムを設けており、ドメスティックパートナーとその家族は、養子・育児・介護休業、子の出生休暇、慶弔金などの制度を利用することができます。社内では、有志社員で構成するPrideが、定期的にLGBTやLGBTアライに関する勉強会を開催しています。LGBT映画祭や東京レインボーパレードに協賛し、社員も参加しています。また、LGBT学生のための金融業界セミナーにも参画しています。

 

 

Copyright © 2018 JPMorgan Chase & Co. All rights reserved