日本におけるJ.P.モルガン

Local Presence

日本におけるJ.P.モルガンの歴史は関東大震災の翌年に日本政府が発行した震災復興公債を引き受けた1920年代に遡ります。以来、J.P.モル ガンは日本を重要な市場と位置づけており、今日では、JPモルガン証券株式会社、JPモルガン・チェース銀行東京支店、JPモルガン・アセット・マネジメ ント株式会社を通じて法人のお客様に幅広いサービスを提供しています。

創業者の一人ジョン・ピアポント・モルガン・ジュニアが述べ た「一流のビジネスを一流の方法で実践する」という基本理念を念頭に、当社は常に世界で最も信頼される金融機関となることを目指しています。また、日々の 業務に取り組むにあたっては、責任ある企業市民であることを重視し、地域社会への貢献に努めています。

日本においては引き続き優秀な人材を確保し、当社の強みであるグローバル・ネットワークと磐石なバランスシートを活用しながら、お客様に最良のサービスを提供してまいります。

今後とも一層のご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。


日本におけるJ.P.モルガン シニア・カントリー・オフィサー

JPモルガン証券株式会社 代表取締役社長兼CEO

JPモルガン・チェース銀行東京支店 日本における代表者兼東京支店長

李家 輝

日本におけるCSR活動

J.P.モルガンのCSR活動は、JPモルガン・チェース財団が支援するプログラムと社員によるボランティア活動が柱となっています。当社の財団は現在、就労支援やスモールビジネス支援に力を入れています。当社はまた、東日本大震災の復興支援にも継続して取り組んでいます。

 

日本のNPO等向けグラント

詳細

 

社員によるボランティア活動

詳細

日本における歴史

 

日本におけるJ.P.モルガンの歴史は、関東大震災の翌年に日本政府が初めて発行した震災復興公債1億5,000万ドルをJ.P.モルガンが引き受 けた1924年に遡ります。この功績が認められ、1927年にはジョン・ピアポント・モルガン・ジュニアと他2人のパートナーが日本政府より勲章を授与さ れ、以後、日本でも事業を広げていくことになりました。

JPモルガン・チェース銀行の前身であるチェース・ナショナル銀行は1947年に外国銀行として初めて東京支店を開設、その後、為替ディーリングのリーダーとして日本経済の復興とともに歩み、事業を発展させてきました。

J.P.モルガンは就労支援やスモールビジネス支援に注力しており、日本においても雇用創出や地域社会の発展を担うNPO等を支援しています。社員も支援先NPO向けのプロボノ活動に積極的に参加しています。

 





職場環境

J.P.モルガンは、社員が働きやすい環境作りと社員のワーク・ライフ・バランスの向上を目指して様々なサポートを提供しています。


ダイバーシティ&インクルージョン

 

J.P.モルガンでは、人種、国籍、文化的背景、性別、年齢、宗教、身体的特徴などを問わず、多様な背景や価値観、スキルを持つ幅広い人材が活躍できる職場環境が 整ってこそ、お客様に対して価値ある革新的な商品・サービスを提供し、真にグローバルな企業として発展していくことができると考えています。当社では、「ダイバーシティ」を考慮した採用や人材登用を行い、多様な人々独自の経験、スキル、考え方を認め、全ての社員にビジネスに貢献する機会を与える「インク ルージョン」を重視し、それぞれの成果を評価する環境を整えています。日本における主な取り組みは以下のとおりです。